子供が「学校に行きたくない」と言ってきた!私がとった3つの行動

「3日くらい前からさぁ、学校行きたくないの」

 

小2になった三女が涙目で訴えてきたのは初めてのことで。

クラス替えもあって、担任の先生も変わってどうしたかと話を聞いてみたら、どうやら男の子から嫌なことを言われたみたいなんです。

 

うーむ。こういう時、どうしますか?

励ます?共感する?頑張らせる?お休みさせる?

 

私のとった行動は

 

1・まず共感する

「そんなこと言われたら嫌だよねぇ。悲しくなっちゃうよね」

「どうしてそんなこと言うんだろうね」

 

気持ちを聞いたところで、

2・どうしたいかを聞いてみる

イヤだ~また言われちゃうのかなぁ~休みたい~とグルグルしている頭の中を、整理するきっかけになる言葉。

自分がどうしたいのか。大人でも自分に問いかけるって大事。

 

3・どうして欲しいか聞いてみる

本人に言ってほしいなのか、先生に言ってほしいのか、誰にも言わないでほしいなのか。

「そんなのひどい!お母さんが○○くんのお母さんに電話してあげる!」

「そうかそうか、じゃあお母さんが先生に電話してあげるね」なんて間違っても言いません(笑)

 

「ママは、先生に伝えることも、本人に伝えることもできるよ。三女が明日自分で伝えられるなら、それも良いよね。どうして欲しい?」

今回は「ママが先生に言ってほしい。自分では言いたくない」

「わかった。じゃあ連絡帳に書く?それとも今電話してみようか?」

今回は「電話してほしい」

 

とにかく、本人の気持ちを先読みしないことが大事。解決方法は自分で考えていかないと。

でもなかなか難しいのでママができることを提示して、選んでもらうようにしています。

 

と言うことで、すぐに学校に電話して状況を説明しました。

(連絡帳に文章化するのってけっこう難しいので、私も電話と言ってもらえて助かりました)

 

三女は安心して学校に行けましたし、その日の「ただいま~」の声は明るかったです。

先生の対応も素晴らしいもので、ありがたや~。

小さいうちは親のフォローの出番も色々ありますね。

 

plume

 

 

plume(プルーム)

*商品はオンラインショップでもお買い求めいただけます*

http://plume.cc

 

●7月の出店情報

7/7㈯ ジュディマルシェ@小平

7/10㈫ ハンサム・ママフェスタ@田無アスタ

夏の出店は少しお休み。次回は8/30に杉並区に行きます。

 

都内で年間30日ほど、出店しています。

実際にお手に取ってお選びいただけるチャンスですよ゚(。・∀・)

前の記事
次の記事

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment