ハンサムママフェスタを終え、冷静に考えたつれづれ

10/30に開催されました、ハンサム・ママフェスタ。

約780名の来場者数だったとのこと。たくさんの方にお越しくださいまして、ありがとうございました。

そして20ブースの出店者の皆さま。事前勉強会からそれぞれに目標を立て、作品作りや準備のみならず『見せ方』『事前告知』などなどたくさんの時間をハンサムママフェスタに向けて使ってくれました。

出店基礎セミナーの講師、そして当日の出店者さん達のサポートを担当させていただき、出店者さんの頑張りをずっと見てきたので嬉しいやら感動するやら。

笑顔でプレッシャーをかける私に「野宮先生、怖い」と言われましたが(笑)自分への課題を達成して、さらに結果を持ち帰ることができた満足感、感じていただけたのではないかと思います。(ご感想からもたくさん感じ取ることができました♡)

↑ おひさまニット工房さん。3回のハンサムママフェスタ出店で毎回トライエラーを繰り返し、人だかりのできるブースに✨

 

昨年から2年半に渡り、4回のハンサムママフェスタを担当させていただきました。

各回、出店者が違うもので雰囲気や集客に差が出たり、初回と4回目ではお客さまから見たフェスタへのキモチも変わってきていたことと思います。

初回ってたくさんの知り合いが「応援」しに来てくれるんですよ。でも4回目まで毎回来てくれる人は減ります。

1回目の様子を聞いて「次は行ってみよう」と2回目に来てくださった方も、4回目は「都合が合えば行こうかな」のように。

*

第4回ハンサムママフェスタは、圧倒的に一般のお客さまが多かったように感じます。

通りがかり、チラシを見て、噂で聞いて・・・出店者の知り合いではないお客さまがふらりと。それってスゴイことだと思うのです。

お友達のもっと先の、一般のお客さまに購入していただけたこと。選んでいただけなかったこと。これからの活動に繋げていっていただけたらと思います。

↑ 講師の立場でありながらブースを展開するというプレッシャー半端なかったplumeブース。

柱の陰、角地の2面使い、会議テーブル半分、当日サポートでほとんどブースにいないw

という厳しい条件で頑張りました^^お越しくださった皆さまありがとうございました。

ハンサムママフェスタから2日後の会場。全然違う場所みたい。

あの空間を作り出して下さった、西東京市産業振興課の職員の皆さま、ハンサムママプロジェクト代表の浅川さん、スタッフの皆さま。

フェスタ開催はもちろん、私を成長させてくださり、本当に本当にありがとうございました。足向けて寝られません!

 

(フェスタ終了後の怒涛の毎日、色々なことを巡らせ書き出すまでに時間が掛かってしまいました。遅筆でスミマセン。長文を最後まで読んでくださりありがとうございました。)

*

11月はイベント出店はありませんが、日野のPlanTにて出店セミナーの講師をさせていただきます。ご興味のある方はお申込みくださいね。

http://www.plant-hino.com/news/715

 

plume(プルーム)

🌳https://plume.cc

↑商品はオンラインショップでお買い求めいただけます

🌳https://www.facebook.com/plume.cc

🌳https://www.instagram.com/plume2004/

都内で年間30日ほど、出店しています。

*11月の出店はありません*

 

前の記事
次の記事

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment