家庭用ミシン、どんな種類があるの?いくら位のをどこから買う?問題

家庭用と言えばジャノメ♪

ミシンってどんな種類があるの?

●ボタン押したら縫える、昔ながらが進化したような普通のミシン(上の写真のはこれです)

●刺繍ができたり、マイコンで操作できるコンピューターミシン

●直線縫いオンリー・強度バツグンの職業用ミシン

●縫製工場で使う専門ミシンが工業用ミシン

●ふちかがり専用のロックミシン

大きく分けてこんな感じです。「何に使いたいか」で選ぶと良いです。私は15年前にお店の人に相談して「あなたは98%直線縫いしかしないと思う」と言われたこと、 もともと工業用を使っていたこともあり、 職業用ミシンを買いました。別でロックミシンも持っています。義実家に帰省すれば工業用ミシンも使えますw

一般的に、いくら位のレベルのミシンを買う?

ミシン屋さんに「普通、いくらくらいのレベルを買うものですか?」と聞いてみると、一般的には5~6万だそうです。15年前は3~4万だと聞いたから、物価の上昇を切に感じます。

値段で考えるの?と思われるかも知れませんね。でもモーターの強度を考えるとやはり値段でだいたいのランクは分かれていると思います。

いわゆる1万円ミシンはすぐ壊れるのでやめた方が良いです。思うように縫えずミシンから離れてしまう人もいるとか。そこそこ縫えるレベルは欲しいですね。

さすがに娘用に5~6万は出せないので、展示品をお安く譲っていただきました♡ヤッタ

これから入園入学グッズ制作を始めるにあたり、ミシンの準備から入る方。ぜひ参考にしてみてください。

うちの家庭用=次女のおもちゃなので・・・

ミシンの仕事をしていると、家庭用を買おう使おうなんて思いもせず。子どもがちょっと縫えれば良いや、というレベルなのでそこに対する優先順位がどうしようもなく低いです。

なので次女がミシンを使いたい、と言い出した時には実家の使っていないミシンをもらいました。買おうなんて思うことなく。

何年物でしょうか・・・

やる気スイッチは突然に

これがね、ある日突然動かなくなってしまい。原因がわからず放置していましたら、次女から

「ねー、ミシンー。いつ直してくれるの?」

定期的にコールが入る。春を越え夏を越え・・・冬になりようやく私のやる気スイッチがカチっと入りましてね。入るまで長っ!!

またしても、ミシンを開ける私

やるとなったら、とことんやってしまう性格デス

モーターの所まで全開にしてしまいました。そして壊れた原因はパーツの劣化で歯車が噛まないから。そのパーツを取り寄せないと無理。と言うところまで追及。←素人のくせにやりすぎやw

これをミシン屋さんに相談したところ「よっぽど思い入れのあるミシンなんですね」と言われましたが・・・残念!思い入れは全くありませんでした。むしろそこに諭吉さま何枚もお金を掛けたくなかったというだけ。だって次女のおもちゃだし。

ミシン屋さんから直接買うって、良いよ

ミシン屋さん、私の要望を聞いて「これどうかな?」と展示品のミシンを携えて(先日のブログに書いた)私のミシンの修理に来てくれました。出張修理していただいた上、即決できるミシンを持ってきてくださって本当にありがたかったです!

おかげで悩んだり比較したり、お店を見に行く時間がゼロ。(もちろん押売りされてませんよw)その場で使い方の説明を聞けて、何かあればサポートしてもらえる。ミシン屋さんから直接買うメリット、大きいです。

  私がお世話になったのはEソーイングさんです。

今ちょうど試験前なので、それが終わったら驚かせようかなと思います。ニューミシンは縫い目もキレイで、仕事のミシンが壊れた時には代理で使えるかも。これで作るの大好き次女が向上してくれたら良いな。

 
plume(プルーム)
🌳https://plume.cc
🌳https://www.facebook.com/plume.cc
🌳https://www.instagram.com/plume2004/
 
+++++

ふわスリング一覧

お食事エプロン一覧

ふわふわスタイ一覧

*出店情報
5/7(火) ハグネリvol.10@練馬
5/18(土) みんデパ@花小金井
 
前の記事
次の記事

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment