ふわスリングの口コミ・30

私は二人目のためにスリングを買ったのですが、二人目の慣れからいい加減になったのか、引っ越し、上の子の世話と頑張りすぎたのか、予定日の一ヶ月も早く出産してしまいました。
一ヶ月早かった割には2300グラムと意外と大きかったのですがそれでも抱っこするのが怖くて、泣かれるたびに体を硬くして汗だくになって抱っこしていました。

それが、ふと思いついてスリングを使ってみた所、楽ちん!!子供も安心するようでピタリと泣き止み、上の子の相手をしているうちにすやすやねてくれるし、体はもちろん、なんといっても気持ちがうんと楽になりました。
おおげさかもしれないけれど、涙が出るくらいほっとしたんです。二人目だからと、周りには慣れた顔をしていても、ほんとは不安でいっぱいだったことに気がつきました。

低体重で生まれた二人目の子は、おっぱいもミルクも上手に飲めず、なかなか大きく なりません。当然成長もゆっくりで、五ヶ月の今でも首が完全にはすわらない状態で抱っこは横抱きです。
もし、スリングが無ければ今頃私はどうなっていたんだろう?!と思います。
マンションの階段の上り下り、ベビーカーが通れない所での買い物、家の中でも、上の子の遊びの相手や、食事の時などはほんとに重宝します。上の子を育てている時は寝ているときを見計らって食事したりしてたんですが、今はそんなわけにはいかないので、食事タイムは下の子のスリングタイムでもあります。

先日、低出生体重児の集まりに行ったとき、周りの人にスリングを試してもらったら大好評でした。
低体重で生まれた子にこそスリングは必要だ!!とその時改めて感じました。 先ほども書きましたが、低出生体重児は成長がゆっくりの子が多く、普通の子よりも体が小さい時期、首がすわらない時期が長いので抱っこが大変なんです。
上の子がいる私はそれを感じましたが、みなさん初めてのお子さんなのでこんなものだと思っていたようで、 スリングを使ってみてホントにびっくりされたみたいです。
ただでさえ不安の多い『小さい赤ちゃん』のお母さんにもっとスリングを知ってもら いたい!そう思ったのですが・・人見知りのする私はplumeを紹介するまでには至らず、あとからすごく後悔しました。

転勤族の私は、育児の孤独さ、つらさというのをいやというほど感じてきました。
子供の相手がつらい、抱っこなんてもうしたくない、そういう気持ちがスリングでうんと楽になるという事をもっとたくさんの人に知ってもらいたいと思います。
私にはすぐにはたくさんの人に教えてあげる事はできませんが、少しずつ一人ずつでもスリングを紹介できたら、と思っています。

Tさま(160センチ/9号/1枚目XS 2枚目XXS・170センチ/痩せ型の旦那さまとXSを兼用)

XXSは現サイズ2~3 XSは現サイズ4です

 

前の記事
次の記事

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment